2005年05月17日

京都の蒸し寿司

蒸し.jpg

幕末の頃に京都か大坂で考案されたそうです。
地元では冬になると温かいこの蒸し寿司はことのほか美味しいそうです
セイロの器や陶器の丼などにいれて蒸されてでてきます
昔は芝居見物の昼食によく食べられたらでそうです
卵焼や野菜、穴子やウナギなどいろいろの具があります
posted by すしケン at 12:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土ずし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。