2005年05月01日

なれずし

nare.jpg

馴れ寿司という魚をご飯で漬け込んだお寿司があります
代表的なのは滋賀県のフナずし、その他アユやウグイ、ウグイ
サバ、サンマ、などいろいろな魚を使っているようです
これが今の寿司の原型で寿司というより魚の貯蔵法の1つです
旬の時期の魚を塩漬けにして調理した魚に炊いたご飯で漬けて
米の発酵を利用した保存食品でアジアの国々でも作られています

なれ寿司
posted by すしケン at 13:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 飾りずし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3247299

この記事へのトラックバック

なれずし
Excerpt: なれずしなれずしは、主に川魚を塩と米飯で発酵させた保存食品。寿司の原型ともいわれる。 冷蔵庫などなかった古代に動物性タンパク質を保存するための知恵として生まれた。コイやフナなどの川魚に飯を混ぜ、重石を..
Weblog: 日本食万歳
Tracked: 2005-08-18 15:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。